お腹に龍が爆誕したらしいです

ある晩のこと。毎週の楽しみである呪術廻戦を見ようとした時、神様からの啓示が届きました。

要約すると、何故か僕の体内で龍が爆誕しようとしており、早く対処しないとどうやら危険らしい。

以前にもこのようなことがあった。手の甲からかぎ爪が出るようになった時も、謎の成分が分泌されて全身がヌメヌメになった時も神様は助言してくださり、事なきを得ることができました。

こんな奇病にかかりやすい体質の僕ですが、今回も乗り越えてみせようと思います。 

乗り越えろ…!

という訳でトイレに来ました。

神様が「ケ、ケツから出すじゃ…!!」と力強くおっしゃっていたのでトイレで踏ん張ってみたのですが、出たのはドデカグソが一本のみ。

 

普段よりも1.8倍ほどデカいこの排出物はと何か因果関係があるのでしょうか?

それから一時間ほどトイレに籠っていましたが、何も出る気配はありませんでした。

追記1

・この大便をした後、水道管が破裂し街中が水没したのですが、これは何か因果関係があるのでしょうか…???

物凄く不安です…

追記2

・あの大便をしたその後、街中にアメリカ兵が駐在し始めたのですが、やっぱり因果関係があるのでしょうか…???

不安で仕方がありません…

最初の啓示から10日ほど経ちましたが、龍が僕の直腸を通り外に出ようとする気配は全くなかったものの、確実に龍がお腹の中に存在しているという実感だけが湧いてました。

お腹の中にで動くたびにこの子のことを愛しく感じ、守ってあげなければという母性本能が自ずと働いてしまいます。 

 

しかし、龍は非常に凶暴な生物。早くお尻から出さなければ、僕の腹を慈悲なく突き破り、出てくる可能性もあります。

そんなあせりを感じていると、神様から2回目の啓示が届きました。

秒で回線が切れたので要約すると、神様は乃木坂好きだそうです。

神様とティーンエイジャーのごとくお話してあげたかったのですが、今は龍を出すことが先決。

のんきに秋元康の話をしてる場合ではありません。とにかく事態はを要しています。

  

 

ということで広場に来ました。

神様が言っていた「半ケツを見られろ…!」という言葉から推測するに、半ケツを見られることによって生じた恥ずかしさで龍が出てくるのでは?と考えました。

そんな薄すぎ一縷の望みをかけ、今から半ケツになろうと思います。

  

一人では心もとなさすぎた為、後輩の塩野に見届け人として来てもらいました。

また、僕だけ半ケツになって恥ずかしい思いをするのは理にかなってないので、塩野に「一番恥ずかしい格好してきて」と伝えたらこの服をチョイスしてきました。すごいね。

また、塩野には僕のお腹に龍が存在していることを伝えていません。

信じてもらえないだろうし、僕の妄言がまた酷くなってるんだなと思われたくなかったからです。

 

「とにかく俺のプリプリな半ケツを見てくれ」とだけ伝えてます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

「とにかく俺のプリプリな半ケツを見てくれ」とだけ言われたけどどういうことなんだ??

この人は今何してるの?? 先輩何しちゃってんの??

変な格好はさせられるし、「もっと見てぇ」って言ってくるし…

それでいいんか???そうやって生きていくんか???私はあなたに問いたい。

「あ!!!」

  

「やばい!!!」

   

「出る!!!」

「は??」

「離れとけ!!!危ないから!離れろ!!」

 

「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああああああ!!!!!」

「え???」

「龍???」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

~終~